kazukun

アクセスカウンタ

zoom RSS 私は昔人、それとも?

<<   作成日時 : 2018/03/26 07:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 338 / トラックバック 0 / コメント 26

時々、私は昔人なのかなと思う事があるのですが。

その昔人というのは、現在のお年寄りや高齢の方を指しての事ではなく、それよりももっと前の時代のと申しますか、歴史の教科書に出ている様な時代の日本人の事かと。

そんな話を友人にしましたら、お前の場合は歴史の教科書ではなく、地学の教科書に載っている範疇ではないのかと。

えっ、それって一体いつの時代の事よと聞くと、ま〜っはっきり言ってそういう事だよと。

歴史ではなくて地学の範疇ですか。

それでなくても、お前は宇宙人とか云われているだろ、人類の一種と捉えられただけでも良しとしろよと。

やっぱり、そこまで行きますか。

多少のショックは隠せず、それでは一体、私のどの様な点が現代人離れしているのかを聞いてみると。

お前な、自分の姿を鏡に映して見た事があるかと。

うん、特別これといって変わっている処というのは見当たらないけどと答えると。

自分の目ではなくて、心の目を開けて自分自身というものを見つめてみろと言ったんだよと。

心の目をね。それって、一体どこにあるのかという事と、その目の開き方を聞くと。

それから数時間程に渡っての説明とやりとりの末に友人の口から出た言葉は。

お前は、超現代人なのかも知れないなとの事。

その、超という意味は、スーパーや超人とかいうのとは全く異なり、超えるという事よりも、越えててしまったという事なのか?

領域を越えてしまうという事は、基本や基準とされるスタンダードを超えたスーパーという事なら問題がないけど、ノーマルの限界を越えてしまってのアブノーマルという事では問題があるんではないの?と尋ねると。

多分、普通の現代人、特に日本人の多くは、お前の事をノーマルな現代人とはとても認識できないと思うよと。

だからね、私は自分を現代人とは違う、現在の世の中には馴染めない昔人だと思っているのだけどと言うと。

お前が今の世の中に馴染まないというのは、見ていても確かにその通りだとは思うけど、それはお前自体の態度や考え方に問題があるからであって、だからと言ってお前が昔人なのかという事とは別問題なのではないかという指摘が。

私としても、「郷に入っては、郷に従え」とか、「その場の空気を読む」とかの日本の社会の旧来からの常識的なものや仕来たり的な社会通念に対しては、反抗的と申しますか常に背を向けた態度できましたし、その様な慣習にはついぞ馴染む事はありませんでした。

しかし、その様な私を常に擁護支援してくれていた恩人との出会いがあった事と、その出会いのタイミングが絶妙であった事から、私はいつの間にかそれが当たり前であるかの様に捉えてしまっていた事も事実ですし、自分がその恩人達の事を昔人として捉えてしまっていたのかも知れません。

現在も尚、私の認識としてはその様な現代社会には決して馴染めない絶滅危惧種の昔人としての自負心だけは持ち続けているのですが、その自負心の崩壊が先か、私自身の身体の方が先になるかの最終章を迎えている様に感じているのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 338
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
私の周囲にも"宇宙人"と評される人が何人もいましたね。みなさん 良い悪いで言うと、まんざら悪い奴じゃないよ、というのが正解ですねぇ。私も半?宇宙人かも知れませんが。(笑)
y&m
2018/03/28 17:18
 y&mさん コメント頂きありがとうございます。

何か今回のブログ記事は、皆さん躊躇していらっしゃるのか中々コメントが頂けないので、私自身もどうしたらコメントを頂けるかなと考えたり、今回の記事にはコルントし難いのかなと思ったりもしていましたがコメント頂けて嬉しく思っています。

まっ、この様な読み手がコメントし辛いと思われる様な記事を平気で載せる事自体が問題だったかなと多少の反省はあるのですが、皆さんが、このブログを掲載している私の事をどの様に感じられるのかを
聞けたらなと思っておりますので、多くの方からのコメントを期待しております。
kazukun
2018/03/28 18:56
ご友人とのやり取り、含蓄があり、抽象的な話なので理解しにくい部分もありますが、現代人離れしているってことですかねぇ。
昔人…さあて、どんなイメージなのか。
いずれにせよ、絶滅危惧種の昔人としての自負心、大事になさってください!
トンキチ
2018/03/28 21:27
 トンキチさん コメント頂きありがとうこざいます。

正直なところ、私はこうしたブログと云うのが大の苦手だったのです。だったというと過去形で現在は違うかの様な発言ですが、それは未だに基本的には殆ど変わってはいないのですが、それでも少しだけ進歩したのではと思える事があるのです。

私が発達障害である事と、それは特に人間関係に関しての事であるという事は何度かこのブログ記事にも記しました通りなのですが、どうも私は、今の時代の常人の考え方や人間関係に関するプロセスには馴染めないのです。

それを簡単に言ってしまえば、現代社会における暗黙のルールや社会全体としての型や枠には嵌らないという事なのですが、それを返せば
往々にしてはみだし者という有難くないレッテルを張られ兼ねないとという事になるかと。

今回の記事にトンキチさんは、実に明快なコメントをして頂けた事に感謝している次第です。

以前の私ですと、その様なコメントに対してのお礼や感想もまともに出来なかったのですが、長年このウェブリブログの多くの方達とのコンタクトを通じて多くの事を教えて頂いたり、励ましや後押しを基にして何とかお返事が出来る様になれたかなと思っているのです。

今後とも、是非御意見コメント宜しくお願い致します。





kazukun
2018/03/29 08:12
私もかなり小さい頃から、
空気の読めない人間、読もうとしない
人間でした。ですから、すぐ群れたがる
周囲に対しては、いつも少なからず
違和感を覚えてた気がします。
でも、そのくらいでよかったのかも。
基本は変らなくても、年齢を重ねれば、
それなりに周りが見えて来るし、
他人の事も頭で理解できるようになります。
逆に、いつも人に流されて来た方は、
年齢を重ねても、自分なりのものの見方が
出来ずに困るのではないでしょうか。
yasuhiko
2018/03/29 11:24
ご友人とのやりとりを拝見して、kazukaunさんとご友人はきっと近しい方なのだろうなと思いました。
私はブログ上でのkazukunさんしか存じ上げないので、
正直kazukunさんが昔人だということのイメージできませんでした。私の中では社会と真摯に向かい合って、しっかりご自分の考えをお持ちなのがkazukunさんという感じです。
昔人としての自負をお持ちだということは素晴らしいことだと思います。
自負心もお身体も大事にされ、崩壊することなく永くブログを人生を続けてください。
kazukunさんのブログや、コメント楽しみにしております。
すずりん♪
2018/03/29 17:59
 yasuhikoさん コメント頂きありがとうこざます。

yasuhikoさんのブログを拝見しております私は、これは御世辞抜きにして人間の出来た方だなという感触が一番先に立ちます。私はその場の事や周辺事情を考慮しないというより、最初は本当に分からないでとんでもない事をやらかしてしまう事が多々あるのですが、yasuhikoさんの実に紳士的で他の者に対しての心ある対応には心服しております。

出来る事ならば、私もそうした構えの大きな男を目指したかったのですが、結局は歳だけ喰った未熟児のままです。

私の友人が私の事は、その年齢と共に数々の試練を重ねる事によって到達された「出来た人間」の事が昔人であれば、私の場合は一般的に解釈される知性や文明とは掛け離れた、古代人や原始人の範疇という事の様です。

私の心の中では、明治や幕末の志士達には遠く及ばないにしても、前の大戦時に自身の命を引き換えに国土を守り抜いた日本人の心だけは我が心に持ち続けていたいと思ってはいるのです。
kazukun
2018/03/29 21:03
ゴーイング マイウェイ
頑張るkazukun・・・それでいい・・・
むじゅかしいことは・・・オイラにはわかりまへん
頑張って生きてほしい・・・これだけははっきりしてましゅ
ノー天気のデミでしゅ 間違ってたら許してねっ
デミ
2018/03/29 23:18
 すずりん♪ さん コメント頂きありがとうございます。

今回コメントを頂いた皆様の様に、この様な未熟極まりない私に対しての心ある対応を頂ける方達の存在をありがたく思い、いつも感謝している次第です。

昔は良かった等と私の口からいうのは何なのですが、結局のところ私の周囲には、その様な心ある方達がいてくれたお陰で、兎にも角にも何とか生きてこれたという事に尽きます。。

一人の人間としてというより、一社会人としての体をなしていない私の事を、「はみだし者」としてではなく「特別枠」として容認や擁護、支援までしてくれていたそれらの存在は、私に取っての生命線でした。

生命線とはまた大袈裟なと感じられるかも知れまんが、プログにも時折掲載しております通り、私の身体と健康面の時限爆弾を抱えている事は御存じと思いますが、その時限爆弾の発火を遅らせてくれていた事もそうですし、それは私の経済的な事や生活の事にしてもその通りだったのです。

kazukun
2018/03/31 09:15
続きです。

私の幼少の頃からの、それらの方達との出会いと経過経緯を記事にしようと考えた事は幾度もありましたが、そのあった事をそのまま載せたとしたら、現実は小説よりも奇なりという見本と思われるかも知れません。

しかし、このところ私の周辺では、今の日本の世の中の縮図にしたかの様な事態に陥っているという現実があるのです。

その中には、これまで私を支援擁護してくれいた複数の竹馬の友を含む、極めて親しかった友人知人の急逝が相次いだ事と、その原因に問題ありと思われるのです。

その恩人の中でも一番私の近くにいる数人だけは、現時点に於いて何とか初期の段階で食い止める事が出来たと思っているのですが、今後は私自身の事も含めて全く予断の許されない事は確かなのです。

前回のブログに記しましたが、私と周辺の実状は大変厳しいもので、臨戦状態が続く中、電話や携帯のベルがなる度、心頭滅却してからこれにあたらなければならない状況でしたが、漸くの事で一応のめとが付き、多少の余裕が出てきたところです。

しかし、この後も事態が大変である事は何も変わっておらず、それは内部の事から外の事まで広範囲に及んでいる為、まずは周辺との関係固めを基本とするリペアとリサイクル?に努めているのですが、中々上手く行かずに大変です。
kazukun
2018/03/31 09:18
 デミさん コメント頂きありがとうこざいます。

当方も、デミさんの様な端的な文章で、御自身の感想を含めながら相手に対しての思いやりに満ちたコメントをする事が出来たら良いなといつも思ってはいるのですが、私にとってのそれは難しく、余計な事ばかり書いては誤解されたり敬遠されてしまう事が度々なのです。

それでも懲りもせず、また同じ事を繰り返してしまうというのは、私はやっぱり自己顕示力と思い込が強い人間だからなのかと自問自答しているのですが、その答えは私にはいくら考えても出てはこないのです。

結局、その辺が私の持つ「発達障害」の元凶という事であろうかと。

以前、私は英語を教える女性教師に、「あなたは、難解な言葉を巧みに操る人間」と言われた事があったのですが、私としては、その「難解な言葉」と指摘されたその言葉自体が難解であるとは思えず、文章構成にしても、私としては出来るだけ誤解される事のない様に相手に尋ねたり、疑問に感じる点を聞いて貰う様にしていた積りなのですが、どうも、日本人の奥ゆかしさと申しますか、どうもその奥の深さという部分が私には引っ掛って無理が生じてしまうのです。

「ものも言い様では角が立つ」とは、私の事を指しての事かと思う事があるのですが、私の基本が「未熟」という事に他ならないからと諦めているのです。
kazukun
2018/03/31 14:25
こんにちは!
「他人は自分を写す鏡」などとよく
言われますが、自分を見つめるために
他人がいてくれるように思います。
それは、自分の事は自分では
分からないということだと私は理解
しています。
kazukunさんの体験も受け取り方は
人により百人百様の違いがあると
思います。
つまり出来事という体験は同じでも、
それをどのように受取るかは、人に
より違いますね。
この受取り方、考え方を一つにせずに、
多くの考え方をすることが良い
様に思います。
私も、昨年は親の介護で鬱の様に
なりましたが、自分の問題を、ネットで
色々な方面から、多くの人の意見を
読むことでなんとか鬱状態から抜け出す
事が出来ました!
その時に”生きていれば変化はある”と
いう思いを強くしました。
すこしkazukunさんの思いと違っているかも
知れませんが、何かしら参考になれば
良いのですが!
ポジティブオーラ
2018/03/31 15:07
ボクの頭髪、結構白髪が多いので、最近染め始めました。
一発染めではなく、日にちをかけて少しずつ染めるタイプです。
でも、なかなか染まりません。

友人にそのことを話したら、「オマエ、髪を染める前にオマエが周りに染まれ。」と言われました。

kazukunさんのお話、しみじみと身に沁みます。
ひま爺イヴ
2018/04/01 16:47
 ポジティブオーラさん コメント頂きありがとうございます。

少し前のポジティブオーラさんのブログに載せられていた親御さんの介護に関しいの事は、現在の当方が直面している事とも重なり、それが如何に大変なご苦労であるかという事と、それによって鬱状態にならりた事や、今回のコメントにありました様に、その解決として多くの方達の意見を取り入れた事で鬱状態から脱出する事が出来た事等。

今回のコメントは、その他にもその言葉一つ一つが大変重みをもった、私に取っての貴重な贈り物として捉えさせて頂きました。
kazukun
2018/04/01 21:00
 ひま爺イヴさん コメント頂きありがとうこざいます。

私も、ひま爺イヴさんのブログの様に、行くと何故か心がほっとする、そういう記事を掲載出来たら良いなと常々考えてはいるのてすが、私の文章作成能力の足りなさと配慮の至らなさに加え、その一番は私の性格から来るものが災いして中々上手くはいかないのです。

だからといって、人真似や自分自身のす考えとは全く異なる営業的なスタンスは取れないしで、時々自分でも、何で、何の為にこのブログを書いているのだろうかと疑問を持つ事があるのです。

では、何故にその様な回答コメントするのが難しいと最初から分かっている記事を載せるんだと思われかも知れませんが、その様なジレンマに陥った時は、中々ブログが掲載出来ずに没となったり書き掛けのままになった記事が沢山あるのです。

そういう時は幾度もあったのですが、私が自分のブログを書けないでいる時は、皆様のブログを拝見する事で心のリセットと活力の充電をさせて頂いているという訳なのです。
kazukun
2018/04/02 08:09
kazukunさん〜
いつも私のようなものにまで
ご心配頂きお声をかけて頂き
心から感謝申し上げます〜

ご友人との会話のこの記事、実は私は
何故か微笑ましくさえ感じました
それは、以前の記事にはない〜
と言っても、ずーっと以前は
分かりませんが、最近の中での
以前の記事にないホットな会話
女性にはない男性同士の
飾らない素のやりとりが〜
私から見ると羨ましいくらいですよ!
kazukunさんの
その絶滅危惧種の昔人の気質が
周囲のご友人の方々にとっては
とても貴重で大切なものだと思って
おられると思いますよ〜
その気質ですから壁にぶつかる事も多々
攻撃を受ける事もあるかと思いますが
kazukunさんは決して怯まず真っ直ぐに
受けて立つ方だと思います
kazukunさんの一般の人にない
(と言っていいのだと思いますが)
狡さの無いその真っ直ぐさ誠実さは
本当に日本人としての絶滅危惧種
として大切な宝物だと思います
kazukunさんは、人と違うから
kazukunさんなのです〜
ご自分を低く見ないで
(見てないですよね)堂々と
邁進して下さいね!!
心からずっとずーっと応援しております
miki
2018/04/03 20:45
 miki さん コメントありがとうこざいます。

miki さんはお分かりになっていると思いますが、私が他の方と違うと自分でも感じるところは、言っていい事と悪い事、言わなくていい事と云わない方が良い事の区別が出来ない事にある様です。

私が感じております今の日本の社会というのは、言いたい事も口に出して言えない、出したら周囲に総すかんされてしまう様な、私からしたら、とても歪んだ世界に感じてしまうのです。

それでは、いつから日本の社会がこの様な状態になってしまったのかという事になりますが、少なくても私の子供の頃や成人したての頃の社会の様子は今の様子とは全く違っていたと記憶しているのです。

時代が変わったのだからと言われてしまえばそれまでなのですが、社会の流れに逆らって生きるというのは大変だという事は分かって来てはいるのですが、それを今更どうにもという気持ちと、それを乗り越えて、また新たな展開を目指さなければならい時なのかとも考えているのです。

何れにしろ、考えているだけでは駄目なので、とにかく今目の前にある問題をひとつずつ解決していこうと思っておりますので、これからも御支援と御指導御鞭撻の程宜しくお願い申し上げます。
kazukun
2018/04/04 01:41
以前、同僚に「変っているわね」って言ったら
「いや〜お前の方がずっと変っているよ」って言われて
大笑い。
変っていても生きてゆけるって最高な褒め言葉です。
みんな同じっておかしいです。本当は10人10色のはず。
自分を押し殺して、同調圧力に負けているのが現代ではありませんか。
自分らしさを今日も求めて。
ののはな
2018/04/05 22:11
 ののはなさん コメントありがとうこざいます。

ののはなさんのブログを拝見する事で、私は常に多くの事を学ばさせて頂いております。

それは時折掲されております社会的状況や問題等の、その事に関しまして寄せられたコメントとののはなさんの回答や感想からは、其々の皆さんのきちんと分析精査されたもう一段深い部分の解釈も同時に窺える事があります。

それらの皆さんと、ののはなさんに取っては、私のその場と周囲を構わぬ独善的な飛び込みコメントは、その折角の展開に水を差す様な事をしているのではないだろうかと、そのコメントをした後で気付いて自分でも失敗したかと心配になる事が多々ありました。

私は良く中学校時代の授業等では、その授業の進行の妨げになる様な教師が困っる質問や、その回答を求める事が多かった様に記憶しております。

私としては、教師に対して喧嘩を売ったり揚げ足取りをしたかった訳ではなく、私なりに感じた疑問やどうにも合理性に欠くと思われる部分に付いての真相を知りたかっただけなのでした。

当然、それにもきちんと向き合い対応してくれた教師もいましたが、各教師の対応がまちまちであった事は言うまでもありません。
kazukun
2018/04/06 09:07
続きです

当時の私に取って、学校というところが何を学ぶところかという事が良く分かっていなかったと思うのですが、習う、教わる、学ぶという其々の意味とその違いに気付くまでには長い長い時間が必要だったのです。

その様な事が少しだけ分かったとは申しましても、もし、まかり間違う様な事があったとしても、私が人に教えたりする様な事は今もって遠く無理な話である事は、ののはなさんは勿論、ここにいらして下さている皆さまは良く御存知の事と思います。

私は数年前に、その頃中学校を退職された教師や、このウェブリブログで知り合った方等と一緒に、模型やアート音楽等の各方面の方達と共同の掲示板を立ち上げ運用しておりますが、その私より幾分か年上の元教師の方と私は、かれこれ10年以上の模型クラブを通じた御付き合いをさせて頂いておりますが、私はその方とのやり取りに、自分の中学時代の頃の先生との関係を思い出される事が良くあるのです。

その掲示板の皆さんも、ここのブログ仲間同様に今の時代に中々得難い貴重な仲間達です。

今回のコメントに対する御返事としましてはちと横道にそれてしまいましたが、その元教師とののはなさんに共通して持っております私の印象をお伝えして結びと致したいと思います。
kazukun
2018/04/06 09:10
私も、もういい歳になりましたから、今さら〜って思いますが、なんで素直に生きて来れなかったんだろう〜って思ってます。
大層な事はしてませんが〜
kasukunさんの言いたい事と、私の感じ方は、ずれてると思いますが、世の中、価値観がこうも違うの〜なんでそうなるの〜って人多いなぁ〜って思ってます。
人とのお付き合いって、しんどい部分あります。
説明不足ですいません。
たぁくんママ
2018/04/07 11:40
 たぁくんママさん コメント頂きありがとうございます。

たぁくんママさんの様に、生き物と一緒の生活を大切にされていおられる方を尊敬致します。

それは、私が生き物の面倒がみられないからなのですが、だからと言って生き物が嫌いとかではなくて、生き物と一緒にいるのは好きですし、以前18歳の天寿を迎えるまで実家で飼っていた猫は、私の職場まで歩いて通って来てくれていました。その猫から私は多くの幸せな時間を与えてもらえたのです。

現在実家にいる猫は、最初の頃は行くと隠れてしまいましたが、今は大分慣れて向こうから寄って来てくれる事もあります。

私は、生き物に対する面倒見と同様に、どうにも人との人間関係にも問題があり、相手の事を気遣ったり特におもてなし等という様な事は
全くもって不得手なのです。

こちらのブログでも、突然現われては自分勝手なコメントをしたりする事が常なのですが、その様な時も是非大きな目で見て頂けるよう御願致します。
kazukun
2018/04/08 00:36
こんにちは。

ボクが思うに、それは「個性」ではないでしょうか。

人それぞれで、みんな違ってみんないい。
そういうのが好きです(^o^)

koji
2018/04/08 13:41

koji さんコメント頂きありがとうこざいます。

それと、コメントに気付かず御返事が遅れしてしまい申し訳ありません。

この様な私を好意的に解釈して頂いているkojiさんには、深く感謝するばかりですが、当方の能書きと自己主張による減らず口には、koji そんはじめウェブリブログの方達に大変なご迷惑をお掛けしている事と思います。

それが分かっているのに何故という事になるのですが、そこが発達障害を持つ身の辛さと申しますか、人の気持ちや、そこに集う方達全体の協調性や世に言われます空気というものが読めずに自分勝手をやらかしてしまうのが常なのです。

私の様な破壊ダーマンが、今の世の中で通用しない事も重々分かってはいる積りなのですが、精神的論理回路に欠陥を残したままの私は、どうしてもその様な事を繰り返してしまうのです。

それは、私の個性という範疇を越えた、一人の社会人や一個の大人として捉えた場合の他とは異なる精神面での異常性といういう事につながっているのかも知れません。

分かっちゃいるけど止められない。それは、これから先も続くと思いますが、是非寛容な御心で容赦願います。

kazukum
2018/04/10 06:27
みなさんの素晴らしいコメントの後でやりにくいのですが、どうしても書きたくて・・
私も似ているところが多かったです(最近は年のせいでボケてきましたが)
kazukunさんはウソに我慢できず、本当のことを知ろうとするしそれを追及するのでしょう
いつも真剣で自分に正直であろうと。
常にぶつかり傷つけ傷を負い血だらけの道を歩いているように感じます

ふーみんがよく私に言います。中庸は大事って。
自分では分からないのですが、0か100、白か黒、グレーゾーンがなくて極端だと

でもロマンロランが言ってました
人間よ立て、目を開いてあたりを見よ、オソレてはならない
他から教えられたことは、ひとつのウソにすぎない
自分の眼で見た真実が唯一の宝なんだ。
一生かかっても探し続けなさいって。

Kazukunさんの文章から私はいつも切り裂かれ傷だらけになります
あえて困難な道を行き、狭い門から入る。
あなたは私の希望です!

失礼があったらお許しください
nori
2018/04/11 05:03
noriさん コメント頂きありがとうこざいます。

コメントを頂いております皆様には、この様な私のブログのコメントに大変なご御苦心と御苦労をそれているのではないかと思います。

私はいつも、私は・・。という出だしの言葉で始まる事が多く、それが元で、私が自己主体中心であるという様に感じられる方も少なくないのではないかと思います。

日本の社会では、「おもてなし」という言葉があります様に、そこを訪れる者を来客者として向かえ入れ、それには思いやりと心尽くしの礼を尽くすという国民性とも云える習慣が世界からも評価されている訳ですが、それは日本社会とそこに暮らす日本人が持ち続けてきた良き伝統である「調」「和」や 個人と他の人や世の中との「協調」という基本性の一つであった様に思えます。

しかし、現在の日本社会では、その様な基本は何か表面的な様に感じられる事が多々あり、その伝統や習慣を大切に残しているのはある程度の年齢を重ねた層のまたその中の一部の方に限られている様に感じられてならないのも事実なのです。

現在の日本社会では、現首相とその官邸周を中心とした、何とも非合理、理不尽な国民不在と思える暴挙が世の中を振り回しておりますが、その様な北の国並みとも感じられる独善的な独裁とも思われる政治姿勢に対しても、それらに対してノーと言えない、政府や政治の事は政治家官僚に任せておけばという無関心な国民が多すぎる様に感じるのてす。

今回のコメン中の中に記されました「中庸」という言葉ですが、私は、儒教儒教系統の学問や中国の偉人達の残した論語の意味は良く知りませんが、それがどっち付かずの中立的な立場という事ではなく、その物事の持つ正しい意味や真実という事ではないかという自分なりの解釈をしております。
kazukun
2018/04/12 14:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私は昔人、それとも? kazukun/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる