超気象兵器三峡ダム

 何故、多くの台風は中国へ向かわず、その直前で日本へと進路変更するのか?

画像



拡大地図

画像


長江(揚子江)の位置

画像


長江の上流には、世界最大の三峡ダムが建設されました。



東シナ海の海水温度です。 長江から流れ出た温度の低い河川水が、長く東シナ海日本方向へ伸びているのが分かるはずです。

画像







この記事へのコメント

2015年07月24日 20:51
こんばんは。
大変な中 コメントありがとうございました。
このデータを誰に見せたらよいのでしょうか?
そしてどう対処すればよいのでしょうか?
されるがままで 黙っているしかないのでしょうか?
2015年07月25日 08:51

にゃーちゃん 残念ながら中国の覇権侵略は始まってしまっております。

これまでに中国は、外交等の対外政策に対して極めて無知で幼稚な日本を利用して、経済力軍事力を初めとする国のあらゆる力を蓄えて来ましたが、最近の中国は、その非常に緻密で狡猾な手段を駆使して世界制覇に乗り出してきました。

日本国民の多くは、無知ではあっても、馬鹿ではありませんが、日本の政府機関や指導的立場の人間は、馬鹿ばかりに感じられます。
2015年07月25日 12:35
こんにちは。

また台風ですね。
被害が出ない事を祈ります。
2015年07月25日 18:12
なるほどなぁ。

勉強になります。

信用できない近隣諸国がありますねぇ>_
2015年07月25日 19:41
初めまして。
マイブログにご訪問くださり有難うございます。
難しいことは判りませんが、隣の半島・大陸の人間には閉口しますね。
気ままに日々の事を書いたブログですが、またお時間あればお立ち寄りください。
2015年07月25日 20:36
私のページ、ご訪問ありがとうございます。
台風が日本に近づくのにはそんな理由がったんですね。
学識が深まりました。友達にも話してみます。
これを機会に今後ともよろしくお願いします。
2015年07月25日 23:11
お久しぶりです。
日本海の海水温の低いのがダムのせいだったんですね。
台風はまた嫌なコースで近づいてきています。
週一のペースで、ウンザリです。
雨が続いた後の先の台風の暴風で夏野菜がほぼ全滅です。

お身体、大切になさってね。
2015年07月26日 00:56
トトパパさん  コメントありがとうございます。トトパパさんの所は台風による被害は大丈夫でしょうか? しっかり備えをしていてくださいね。
2015年07月26日 01:04
kojiさん コメントありがとうございます。日本の異常気象は、2007年の三峡ダム完成直後から年々酷くなっております。

東シナ海と日本近海の海水温度の上昇と中国のダム、中国の水利コントロールとの関係を列記して行きたいと思います。
2015年07月26日 01:14
zencyanさん コメントありがとうございます。中国の1万以上に達するダムによる水利コントロールの弊害は、そのダム下流にあるタイ等の洪水事件でも明らかな様に、ダムの水利コントロールを核兵器以上の破壊力を持った兵器として使用できる事を暗に誇示して来ております。
2015年07月26日 01:24
nibari1498さん コメントありがとうございます。最近の中国の覇権主義と軍事力の横暴な事は大変目立って来ておりますが、その解決策は日本の軍事力拡大やアメリカ頼みによる対抗ではなく、毅然とした日本国政府の外交姿勢が必要であると思います。
2015年07月26日 01:31
こふじ村さん 台風や大雨等の異常気象による被害は膨大なものがありますが、その原因は中国にありです。しかし、その原因を知ってか知らずかは分かりませんが、それを口にする者がいないので、順次当方ブログで記事にして行こうと思います。
2015年07月26日 13:00
なるほどと思いました。政治が変わるか、国民が変わるか、選挙制度改革で、義務制にして、投票しない場合の罰金を高額にして、社会保険を何とかするとか・・。
原発があって、核をほゆうしていないというのも、アメリカが持ち込んでるなら、保有してるのも同じ。
中華思想は困ったもんです。独裁も・・
2015年07月26日 13:21
中国によるダム被害は以前テレビでも取り上げていました。下流域は首根っこを抑えられたも同然です。
東シナ海にレーダー配備やスプラトリー諸島の不沈空母が完成したら、日本も同じになりますね。
2015年07月26日 15:50
ベランダ農夫さん 日本の原発は、仰る通りの原爆工場に発電機を申し訳程度に付け足した様な施設です。。元々アメリカの核兵器製造が基本であり、その安全性等に付いては全く無視されておりました。

当初の予定では、原発の運転に伴って製造される核弾頭の原料になるプルトニュウムは、全部アメリカが引き受ける筈でした。ですから、日本には当初、再処理施設は必要が無かった訳です。

それが、旧ソピエト崩壊による東西対立の図式変化と、それまでに作り過ぎた核兵器の貯蔵に困った為に、原爆材料のプルトニュウムをウランに混ぜて燃やしてしまえと云う運直な考えが出て来た訳です。

それがプルサーマルという訳です。

福島の第一、第二原発は、○国配下の核製造工場でした。そして、第二原発は、今も将来の再起動を目指して稼働準備中なのです。毎日2000人以上の人間が第二原発で再稼働の為に働いています。





2015年07月26日 16:20
asayanさん コメントありがとうございます。

中国のダムが、その下流に位置する近隣諸国に与える影響と脅威は全くその通りです。悪辣かつ狡猾な中国政府による覇権は、その中華思想という自己中心で傲慢な支配的思想が基になっておりまます。

それは、以前の欧米列強によるエゴイズムな世界覇権支配となんら変わる事なく、現実にチベットやウイグル自治区で行われている中国の他民族への支配がそれを物語っています。

能天気で平和ボケしたままの日本国民が、その覇権国家の脅威に気付く時は何時なのか? その前に日本と云う国家の指導的立場の人間の総入れ替えが必要に思えます。



2015年07月26日 23:44
kazukunさん~遅くなりました~
三峡ダムについて
ネットで調べてみました
中国の専門家でさえ~
亡くなる間際にも
「絶対に造ってはならない」~と
叫んだとありました
建設における地質災害、生態環境
社会移民等を含めこれらの
社会的代償は計り知れないと。
水質汚染、地滑り、地震、亀裂が
頻繁に発生6,000以上の危険箇所~
中国にセットされた時限爆弾だ
とまで~~恐ろしいですねぇ~
同じアジアの隣国として恥ずかしい
限りですね~自国益?のみ
他国の意見を聞く耳持たず
敵対視したら絶対に押し通す~
腹を割ったらゴロゴロ真っ黒い石と
火砕流でも出てきそう~~
あぁ怖い~恐ろしい~
取り返しのつかなくなる前に
何とかならないものでしょうかね?
今未だ日本びいきの国が多い中
日本らしく毅然とした外交が
出来ないものでしょうかねぇ~
先行きが不安です~~~
2015年07月27日 11:15
mikiさん コメントありがとうございます。

実は、当方は2006年の九州地方の大雨の時より、この異常気象の原因が東シナ海の海水温度上昇の為である事に辿り着きました。

とかし、まだその時点では東シナ海の温度上昇は海面近くの深度浅い部分に限られたものでしたが、その後どんどん深部にまで温度上昇が広まっていきました。

東シナ海の海水温度上昇は、日本列島に沿って流れる黒潮海流に多大な影響を与え、それが原因で日本列島の冬は大雪、夏は灼熱地獄の自体を招いているのですが、阿呆の政府と気象庁は、地球温暖化やらエルニーニョ現象で済ましています。

馬鹿に付ける薬は無いと申しますが、現在の日本政府と官庁の御役人は馬鹿と阿呆ばかりです。

官僚と公務員制度を徹底的に見直して、合理化しない事には日本は、旧ソ連や今のギリシャの様になる可能性が大です。その前に、中国と戦争をしてペシャンコにされるかも。
2015年08月02日 12:47
「なぜ あの辺で曲がるんだ?」と…思ってましたが…そんな理由があったんですね!
2015年08月02日 15:32
まだこもよさん コメントありがとうこざいます。

現在の日本の異常気象は、尋常ではありませんが、日本国民はそれに耐えて良く頑張っています。

でも、基本的な事を改善しない限りは、必ずその辛抱にも限界が来てしまう事は明白です。

はっ切り言って、今は、直接兵器を用いないけれど、第3次世界大戦が始まってしまっているのです。

先の第二次世界大戦も、力を持った国の間のエゴイズムの軋轢から発生しましたが、いつの世もその同じ過ちが繰り返されるのが世の常の様です。



 

この記事へのトラックバック