ファンヒーターの給油タンク口金の交換

 4月半ばを過ぎても、まだファンヒーターのお世話になる事が多いのですが、その様な中で一番長く使用している一台のタンクからの漏れが発覚しました。

タンクの交換や、ファンヒーター本体自体の交換も考えたのですが、口金部分の保守パーツが存在する事が分かったので注文すると、僅か数日で入手する事が出来ましたので早速交換してみました。


画像


交換完了

画像


点火 正常運転

画像



ここからは、当地の桜の満開画像となります。



画像



画像



画像




画像




画像




画像




この記事へのコメント

2019年04月18日 15:22
こんにちは。
へぇ~タンクの口金部分が販売されてるんですね。
初めて知りました。
探せばあるんですね。
ヒーターはこれでまたしばらく活躍してくれますね。
お花見に行かれたのですか?
枝垂れ桜 とっても綺麗ですね。
2019年04月18日 19:48
 にゃーちゃん コメント頂きましてありがとうございます。

ファンヒーターのタンクの単体価格は、5~6千円もするので、それなら本体を新しい物へ交換とも思ったのですが、口金部分の補修パーツがある事が分かったので、タンクの数分の一の価格で入手出来てラッキーでした。

桜は、市内の三か所で撮ってきた中から其々2枚ずつピックアップしました。
2019年04月19日 10:15
kazukunさん、お早うございます。

ファンヒーターも自分で直しちゃうんですね。部品があるのも凄いですね。しばらくまた使えますね。
何でも買える時代に、物を大事にするって素晴らしいですよ^^。
桜が見事ですね。この次期は桜を見るのは楽しみです。
2019年04月20日 01:53
 yasu さんコメント頂きありがとうこざいます。

随分と長い間使い続けているファンヒーターなのですが、これまでに何時か点火不能に陥った事がありまして、燃焼室内部の分解を含む修理をして生き長らえさせて来たのですが、今回のタンク口金の修繕に必要なパーツが入手出來た事で今回と來シーズンは心配なしかと思っております。
2019年04月26日 19:31
こんばんは。

真っ赤な鳥居の向こうに見える枝垂れ桜、素敵ですね。

ストーブ、交換部品が手に入ると安く修理できて助かりますね。
2019年04月27日 11:29
 koji さん コメント頂きありがとうございます。

健康上の問題から体に爆弾を抱えている私に取って、今年も桜を見れたという事はまた一つの坂を何とか越える事が出來たという感じですが、用心はしていても、また谷底に転落かという事態に陥るのが常ですので気が抜けません。

機械物の修理は、代替えのパーツがあれば何とかなりますが、人間の体の場合は中々そうはいかないので難しいです。

この記事へのトラックバック