エアコンの修理

 
お盆休みの寸前に、職場のエアコンの一台に突然エラーが出て運転停止してしまいました。もう随分と長く使って来ているので、そろそろ交換時期かなと考えてはいたのですが、別メーカー製の元々室外機の音量が大きい事やリモコン機能等に不具合の出始めた別な一台とは異なり、それよりずっと静かで機能面でも便利で使いやすかったこちらが先に駄目になるとは意外でした。

連休中に新機種導入の可能な業者を探してみたのですが、9月に入ってしまうとか一番早いところでも8月25日以降との事でしたので、取り敢えずは故障の原因とその対策をどの様にするかを模索してみました。

室内機の表示を検索すると通信エラーで、その原因の多くは室外機の制御基板にあるとの事です。修理を請け負う業者にしてもシーズン真っ盛りで大忙しな様子。基板の交換にしても年式が古い事からその在庫がないと断られる可能性が高いですし、もし在庫があったとしても休み中に間に合う筈はありません。

という様な事から残りの一台と冷房機能付きの冷風扇にダクトを着ける事で急場を凌いだのですが、休み中に室外機を開けて室外機のコンプレッサー、ファン、基板の状況を見て見る事にしたのです。

 室外機の上部カバーを外したところです

ウアコン上部蓋開放する.JPG

室外機のカバーを開けて中を見て見ると、埃に塗れた状態したが、特に目立つ様な腐食や物理的な損傷や変形は見られず、ファンも固着していない事を確認しました。

室内機からの電圧が来ているかのチェックの為に側部のカバーを外します

エアヒン側面接続開放する.JPG

単子間の電圧をチェックします

DSCF1894.JPG

基板の入ったケースを開けたところです

DSCF1918.JPG

基板のコネクターを外し、基板本体をケースから取り出します

エアコンろコネクターを外しはて行く.JPG

点検サービス回路図

エアコン回路図.JPG

基板を室内に持ち帰って、全体の清掃をしながら各部の様子を点検します。

最初に見つかったのが抵抗の損傷です

エアコン抵抗破損.JPG

損傷抵抗拡大

エアコン抵抗損傷.JPG


整流ダイオードとパワーモジュール 放熱グリースが付いていたので、再取り付けの際には塗りなおします

DSCF1907.JPG

整流ダイオードとパワーモジュールの基板足ピン側

DSCF1904.JPG

整流ダイオードとパワーモジュール周辺は発熱が大きいので、基板との間の半田付けの状態を確認する事が重要なのですが、半田やプリントパターンの状態を目視で確認するのは中々困難と言えます。

マイクロスコープで拡大しして見た画像

エアコン・基盤拡大.JPG

上記拡大画像から分かる様に、整流ダイオードと半田を通した基板との間の抵抗が高くなっているであろう事は明白であり、その異常を感知した室内機側のコントロール基板がエラー表示と共に室外機の作動を停止したものと考えられます。


この基板には、他にも半田付けの怪しいと思われる部分が幾つか発見されましたので、半田による修正を行いました。

01エアコン.BMP

基板の清掃と半田修正が完了したので、コネクターと基板間の清掃研磨をして元のケースに戻したら、各部の安全チェックをしてからの動作起動チェックです。

スイッチを入れて暫くすると室外機の動作音と共に室内機からの送風が開始され、それが次第に冷風に変わり、リモコンでの機能コントロールが正常である事を確認後、時間を於いての数回の同様の試験でも異常や不具合のない事を確認しました。

今回の修理は一応上手くは行きましたが、やはり物には経年変化による寿命というものが付物ですので、なるべく早い時期に新機種への移行をしなければと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月19日 15:03
こんにちは。
この夏にエアコンが壊れたら大打撃ですよ!
業者さんに頼んだら やっぱりそんな遅い時期になってしまうんですね。
マイクロスコープで原因を見つけた時は嬉しくて思わず「これだ!」と大声で言ってしまいそうです。
よく見つかりましたね。
室外機の中はこんなのになってるんですね。
2019年08月20日 00:15
 ナイス 
気持ち玉代わりです
コメ返はお気になさらないでくださいね。

室外機の中はこういう状態になっているんですね。
初めて知りました。
2019年08月20日 07:56
 にゃーちゃん コメント頂きありがとうこざいます

古くなった機械物や家電等は、それに使われている各部分のパーツ自体の経年変化による損耗や劣化が生じるのは当然の事であり、その耐久限度とされるリミットを超えた時点での廃棄や交換となるのは必然的な事と思えます。

機械や家電には、当たりはずれと云われる様に、他の同様の機種や同型機と比べての寿命の長短がある事も事実なのですが、それはその機械や家電の製造時期や使用部品のロットの違いによる(対策部品に変更されている)ものや、使用環境の違いや、ユーザー自身のメンテナンスの有無にょっても大きく違ってきます。

しかし、形ある物はいつしかその形態や機能を維持する事の限界が来るというのはどうしても避けられない事実であり、それは、生き物や人間にしても同様の事がいえるかと思えます。
2019年08月20日 09:03
こんにちは。

エアコンの室外機の中ってこんなんなんですね。
自分で修理されるなんて凄いですね。
私はメカに弱いので、絶対出来ないですわぁ。
2019年08月20日 09:51
 ろこさん コメントを頂きありがとうこづいます
 
植物系の見分けや、その名前を覚えるにしても全く苦手な私ですが、だからと言って植物が嫌いという訳ではなく、花を見たり郊外の植物中に入って時折それらに触れたりするのが好きなのです。

そとは逆に、機械や家電が好きというのではなく、修理する事自体が好きなだけかと。
2019年08月20日 10:32
 トトパパさん コメント頂きありがとうごさづいます

私に出来る修理というのは、狭く範囲の限定されたものに過ぎないのですが、その修理の対象となる製品の製造メーカーの、その後の保守や故障修理時の利便性に関しての考え方の違いによる難易度の違いが大きい事を感じる事があります。

そして、同じメーカーであっても、製造時期や担当した各設計チームの取り組み姿勢の違いやコスト的な問題もある事から、私も、○○メーカーの何々という製品なら何とか直せるけれど、○○メーカーの何々という製品には手を付けたくはないなという事があります。

それらの名前を挙げる事で語弊が生じては何なのでここでは避けますが、国内の著名メーカーにも殿様商売的で、一体何を考えて設計しているのだろうかと感じられたところが存在しておりましたし、それらのメーカーの市場シェアが他国のメーカーに取って代わられてしまったという現状がある事も事実なのです。
2019年08月20日 14:45
こんにちは。
ご無沙汰しております。
お元気でしょうか。今年も本当に暑く
エアコンなしでは過ごせませんね。
こんな風になっているのですね。
何かとても複雑ですね。急場で修理出来るなんて
凄いですね。
2019年08月20日 18:54
 ゴンマックさん コメント頂きありがとうこざます

近年の日本を襲う異常気象というのは地球温暖化等ではなくて、中国の南水北調プロジェクトという大河川の巨大ダムと水路による自然環境に対する影響の仕業なのです。

詳細に付ましては、付属のkazukun掲示板に掲載しておりますのでご覧いただければ幸いです

https://6204.teacup.com/kazukun/bbs/t5/l50
2019年08月21日 06:25
おはようございます。
エアコンの修理、素晴らしい!と思いました。
当方、全くもってそんな知識・技術がありません。
読んでいて惚れ惚れしました。
2019年08月21日 09:12

 トンキチさん コメント頂きありがとうございます

身体的な面からも、生活自体やその行動範囲に制限のある当方は、トンキチさんや他の方の様な見ごたえのある記事はとても無理と諦めているのですが、今回の様な緊急時?には大袈裟な言い方ですが、私にとしてはそれでも意を決しての屋外行動といえるものなのです。
2019年08月21日 21:16
電気に詳しいのですね!
羨ましい。
私は、電気のことは全く分かりません。
配線図など見てもチンプンカンプンです。
最近の家電があまり壊れないことに
助けられています。
すみれ
2019年08月21日 23:33
この暑い中で、エアコンが壊れたら命に係わります
ご自分で修理できてしまうとは・・・脱帽です
やる気はあってもそれだけの知識が無いとできません
羨ましい限りです
2019年08月22日 16:50
 ポジティブオーラさん コメント頂きありがとうございます

最近の家電の中でも、特にPCやエアコン等の耐用年数が伸びて来ている様に感じております。

以前のそれらは、どれも同様に電解コンデンサーの劣化による故障が多かったのですが、そのコンデンサーの質的向上や、モーター、コンプレッサーの軸受けの精度や材質の耐久性向上した事による相乗効果によるものと思います。

前回のPCと今回のエアコンのいずれにしても、コンデンサーの不良は見られなかったのですが、室内での使用であるPCの基板や半田の状態に問題は見られなかったのですが、屋外の温度差の激しい場所での長期間に渡る使用には、発熱のある抵抗や基板の一部に変質や電気的特性の変化が発生してしまったのも当然であり仕方のない事と思えました。
2019年08月22日 17:05
 すみれ さん コメント頂きましてありがとうこざいます

このところの当方の家業自体が暇な事から、古くなって不具合が出たり動かなくなってしまった物の修理に費やす時間が取れているのですが、本来の家業の方にもっと力を入れて頑張るのが本筋である事は重々承知してはいるのですが、中々そう上手くは行かずに停滞している状況です。

2019年08月23日 14:20
子細に点検しての修復の様子が良く解りました。
細かく見ていくことが大事ですね
我が家の2階のエアコン、リモコン内部が腐食して壊れ、本体スイッチでオン・オフしています。
先日業者が来て、説明書を持ち帰りました。
天井据え付けなので、脚立使用でのオン・オフは私にしか出来ず、困った事です

2019年09月06日 07:46
おはようございます!

基盤まで直しちゃうのですね。
驚きました。

職場の皆さんは大助かりですね!
2019年09月06日 09:59
 kojiさん コメン頂きありがとうこざいます

職場や周辺の方達からは、電気料金が安い新しい機種にした方が良いのではと言われ続けてはいるのですが、もう一台の方も交換時期が過ぎてているので、両方交換となると中々に大変なのです。