古いPCのチューニング


 今回は、次の物への中継ぎとして中古で購入したPCの話しですが、最初はネットに繋げて何とか動けば良いという事で、期待は全くしていなかったのですが、その方法には独特のハウツーが必要なものの、ビス一本外す事なく内部にアプローチ出来る事や、前記のハウツーを習得してしまえば、その後はHDDやDVD-R等の内部搭載機器の交換もワンタッチ?で可能になるという事や、元々が電源を入れっぱなしとしいう事務機器用途として設定されている事から、民生用よりも耐久性は高く設計されている機種なのですが、当方の処へ届いたPCは、その中でも更に長時間の連続使用として設定されたバージョンでした。

その様な事から、それからもずっと電源は入れっぱなしで連続使用して来たのですが、定期的な内部の清掃と共に、CPUの換装やメモリー増設の際にはそれに合わせて電源内部の分解清掃を兼ねた点検をして来たのです。

此れまでに行った内部搭載機器やパーツの変更は、CPU換装、メモリー増設、DVD-R、HDDの換装等ですが、それらのバージョンアップを施工した事による体感的な動作や使い勝手の良さに付いては、この機種の後に購入した後継機種(内部機器パーツのバージョンアップ済み)と比較しても、体感上の劣勢を感じる事は全くなく、逆にボディーサイズの余裕からと思える温度特性や、特に殆ど拡張性の無いダウンサイジングされた後継機と比べると、多少の拡張性が残されているこちらの方の肩を持ってしまうというのが正直なところです。

その様なこれまでの経緯があったのですが、先日は、このPC突然の動作不良が発生した際には、一瞬、長耐久機器とは云っても、滔々その限界が来たのかと思ったのですが、また各部の点検と不良個所の検証を行ったところ、その故障原因は意外と単純なコネクターとケーブル部分にある事が判明しましたので、この部分のパーツの交換と端子の清掃研磨を行う事で無事不具合は解消されたのです。

また、そのり様な時に限ってと申しますか、友人の一人が何やら白い荷物を抱えて入って来たのです。はい、これって、またまたPCではないですか。前にも、それとは別な友人のPCの話を致しましたが、分解して内部調査はしたものの、その後をどうするかで未だ手つかず状態なのに、あちゃー、うちは廃品集積場や中古PCショップではないのですが・・・と。。

なになに、しかし、本人の話によると、サウンドボードとビデオボードも付いているよとの事。そして中を見てみると、ミニタワーサイズですが、ボードの本体自体は、後方のべセルバネル(PCIブラケット)を変更すれば、ロープロファイルPCにも取り付けられそうな感じです。

型番とスペックを確認すると、消費電力も問題なしの様です。

そうなると、やっぱりやるしかないでしょうね。

グラボ(ビデオ・カード) フルサイズ・ベゼル

グラボ・ロングベゼル.JPG


ベセル変更 に伴い、15pinアナログ出力端子は外します。

クラボ・ベゼル加工.JPG


ビデオカードGPUの放熱グリースを塗り替えておきます

ビデオカード放熱器グリスアップ.JPG


サウンド・カード

サウンドボード・ロングベゼル.JPG


サウンドカード 専用ベゼルは持っていないので、他の不要となったカードから取り外したベゼルを加工して取り付けます

サウンドカード力技.JPG


ベゼル取り付け完了

サウンドカードバネル交換.JPG


ビデオ・サウンドカードを取り付けます

ビデオ・サウンドカード.JPG


SSDの取り付け

ストレージ用SSD.JPG


SSDを増設する事にしました ストレージをHDDからSSDに変更するのですが、このPCには増設用のSATA端子が一つ付いていましたので、それに接続するSATAケーブルと、電源供給の為の分岐コードを用意する必要があります。

このPCのSSD増設では、もう一つ注意しなければならない事があり、それは、予備のSAT端子がBIOSでは初期設定のDisableがデフォルトとなっているので、この端子を使える様にするには、BIOSのSATA設定を変更をしておく必要があります。

予備のSATA端子の場所

予備のSATA端子.JPG


SSDの設置 SSDの設置の場所としては、ストレージHDDの上部にある3.5インチベイがあるのですが、ここには3.5インチ・カードリーダーを入れてしまったので、PC下部の開いている部分に収納する事としました。

設置場所SSD.JPG

これで、今回のビデオカード、サウンドカード、カードリーダー、そして一番の目玉とするSSDの増設が完了です。

最後に、必要な各ドライバーをインストールして完成です。

PC内部の状況 増設した各パーツと電源分割コードやSATAケーブルによって、結構混み合った内部環境となりましたが、冷却風や排気の妨げになっていないかの確認の為にCPU等の温度を計測し異常のない事を確認しました。

内部環境
全取り付け完了.JPG

PC後面のPCIバネル ビデオカード サウンドカードの出力端子部分

後面パネルPC.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月04日 11:43
こんにちは

ご自分で故障原因がわかるんですね。
お詳しいんですね。
2019年08月04日 17:45
パソコンに詳しいのですね!
羨ましい限りです。
当方、機械や電気に滅茶苦茶弱いです
(自慢になりません)
それにしてもPCに、事務機器用途用
と言うのが有るのですね。
全く知りませんでした。
今日、Windows7のメンテナンスを
終了するなどと言う話を読んだ後なので
余計に興味深く読みました。
2019年08月07日 07:45
おはようございます!

流石ですねぇ。

20年くらい前はメモリの増設など自分でやりましたが、今はノートパソコンを買ってきて終了です(^_^;)
2019年08月07日 08:35
 トトパパさん コメント頂きありがとうございます

当方は、世の中の事や流行よりも一汽車遅れというより、二汽車、三汽車も後になるが常であり、おまけにその進行度合いも極めて遅い事から、移り変わりの早い現在の世の中に付いて行こうとするのは随分と前に諦めたというか辞めてしまった感じです。

ネット環境にしても、ノートPCがモバイル、スマホ等の他メディア機種に取って代わられた現状で、未だにディスクトップそれも時代物の修理や改修によって使い続けているのは、その様な時代背景に対する一つの抵抗かなとも。



2019年08月07日 09:17
ポジティブオーラさん コメント頂きありがとうごさづます

win10は当初の、特にwin7から自動的にシステム移行した際に良く見られた、それまで使用していたアプリが使えなくなったり、増設機器のドライバーがwin10の専用ドライバーに書き換えられてしまう事による機能障害や不具合が多発した事から、再度win7に戻して使い続けている方も多く見られました。

システムの安定性と、使い勝手が良いwin7ですが、どうやら今年いっぱいででそのサボートが終了する様です。

今回のpcも元々はwin7機でしたが、一度win10に移行した時にはDVD視聴やアプリの不認識問題があり、それらの幾つかはその後なんとか解決出来たのですが、今回の増設には以前のWIN7のシステム環境をストレージSSDに移植したものを使用してみました。
2019年08月07日 09:53
 kojiさん コメント頂きありがとうごさいます

メモリー等の増設等をされた事があるのですね。ノートの場合は、その内部アプローチの仕方にはちょっとしたこつや注意点がありますが、最近のノートPCではその要であるCPUの交換が殆ど出来なくなっているものの、少し前の物ですとそれが可能な物もありますので、換装の目玉と思われるSSDと上位CPUそしてメモリーの増設をセットですれば後期の機種に負けない使用体感を得られるかと思います。