シャープ、白物家電の国内生産を終了 

シャープ、白物家電の国内生産を終了 

大阪八尾工場で冷蔵庫ライン停止
9/25(水) 21:23配信共同通信


シャープ、白物家電の生産を終了 大阪八尾工場で冷蔵庫ライン停止

シャープの八尾工場=大阪府八尾市
20190925-00000167-kyodonews-000-15-view.jpg

 シャープは25日、冷蔵庫を製造していた八尾工場(大阪府八尾市)のラインを止め、白物家電の国内生産を終了した。関係者が明らかにした。今年9月までに終了すると昨年8月に明らかにしており、計画通りの終了となった。1956年に始まった国産白物家電の63年の歴史に幕が下りた。

 シャープを傘下に収める台湾・鴻海精密工業出身の戴正呉会長兼社長の進める経営改革の一環となる。冷蔵庫の生産は9月からタイの自社工場などに順次移しており、コスト競争力の強化と海外での販売拡大を図る。八尾工場の雇用は配置転換などで維持する。企画開発は国内で続ける。

____________________________________________________________________


関連記事

「苦渋の決断」「心から感謝」とシャープ 矢板工場テレビ生産終了で 
液晶「AQUOS」など歴史作る 



2018/12/15 10:44 (JST)
©株式会社下野新聞社

テレビ生産が終了するシャープ栃木工場=14日午後、矢板市早川町
img_f50cfe1224eb1e7992485fe2be4797b12936397.jpg

 シャープは14日、栃木工場(矢板市早川町)のテレビ生産の年内終了に当たり、下野新聞社の取材に対しコメントを出した。1968年から半世紀にわたって稼働した同工場。同社の顔とも言える液晶テレビ「AQUOS(アクオス)」を生み出した歴史に触れ、経営不振時に支えてもらったことも挙げ、「矢板市、栃木県の皆さまに心から感謝を申し上げます」とした。

 テレビ生産は20日前後に終了するという。これに伴う退職者は地元出身者などを中心に、170人程度を見込んでいる。同工場には物流、製品の修理・保守サービスの機能を残す。

テレビ事業の本拠地を一昨年、堺事業所(大阪府堺市)に移し、堺、栃木、幕張(千葉市)の3カ所で開発や生産を行ってきたが、今回、堺、幕張の2カ所に集約することを改めて説明した。「開発効率の向上と競争力の強化を図るという、苦渋の決断」と表現した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年09月26日 09:16
こんにちは。

雇用、維持されるということで良かったです。
シャープはもうダメですね。。。
2019年09月27日 16:16
 トトパパさん コメント頂きありがとうこざいます

私はずっと以前、この会社とコンタクトを持っていた時期がありましたが、トップのT氏の理解は得たものの、当時は飛ぶ鳥を落とす勢いの液晶事業部を筆頭とする各事業部門の上層部らは、まったく聞く耳持たぬは当然の様で、奢れるものの末路や、栄枯盛衰の通り、繁栄の次に来る未来状況は全く予想すらしていませんでした。

現在のシャープの親会社である 米アップルの「iPhone(アイフォーン)」受託生産で最大手の鴻海精密工業は、創業者の郭台銘(テリー・ゴウ)氏に代わる新会長に劉揚偉氏を指名しました。 

来年の台湾総統選挙への出馬を目指す郭氏というのは、中国政府との関係が深いとされる人物であり、中国本土に大規模な半導体生産工場を建設した事で、シャープの半導体事業部の生産は実質的に中国でとなってしまったのです。

経営の危くなった東芝のPC部門を買収したのはシャープでしたが、結局その親会社は鴻海精密工業という事になるのです。

それと、現在シャープは7000人規模の人員削減を予定しているとの事です。