グレタ・トゥンベリ 

グレタ・トゥンベリ 国連での演説は大きな反響を呼びましたが、私は、この16歳少女の取った行動には、違和感と疑念や疑惑が感じられてならないのです。

本人の顔写真.jpg


両親・家族

母方系は、スウェーデンのウプサラ県が地元で、先祖はバイエルン・イルミナティ創設者のアダム・ヴァイスハオプト(Adam Weisshaupt)の関係者。 グレタさんの父親は俳優、母親はオペラ歌手、お姉さんは有名なポップ歌手と芸能一家。父親と母親は過激左翼のアンティファメンバー。

家系

トゥンベリという家系は、ノーベル賞の創設に係り、自身も1903年ノーベル化学賞を受賞したスヴァンテ・アレニウス(Svante Arrhenius)と親戚関係にある。アレニウスは、地球温暖化理論を提唱した人物としても知られている。

爺さまと.jpg


グレタさんの後ろにはいつも同じ女性がハンドラーとして付いている。ルイーザ(Luisa-Marie Neubauer)という23歳のドイツ人女性の活動家で、彼女は、"ONE Foundation"という、BONOやビル・ゲイツ、ジョージ・ソロスが運営する機関のメンバー。

背後の女性.jpg


鬱やアスペルガー症候群など複数の精神疾患を患う彼女。トランプ大統領と会うことは硬くなに拒否。一体、誰が彼女のバックにいるのか。彼女の両親、先祖を辿ると見えてくるカバール一族の元で、不運にも操られている実態が見えてくるのです。



以前にも、中東戦争の原因になったとされた ナイラという少女の証言が完全な大嘘であった事が、その後明らかになったのですが。





温暖化は政治的戦略?



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2019年09月29日 16:06
16歳の女の子を登場させたことは衝撃でした。
地球温暖化を政治ショーにしてはいけませんが、事実を語っていると思いました。
大人が何を言っても皆さん聞いてくれないので、子供を出したと言う事でしょう。
勿論バックの大人たちが仕掛けています。

武田邦彦で検索すると、様々な悪評を並べた記事が出てきます。
この方ペテン師と言えるでしょうね。
以前テレビで、プラスチックなんて全部燃やせばいいんですと、暴言を吐いていました。
地方ですが大学教授の肩書を使って、事実と嘘をゴチャ混ぜにして語るのでたちが悪いです。
地球上の炭酸ガスは過去最低水準にあり、地下資源を取り出してもっと燃やさなければならないと言っていました。
これは嘘丸出しです。
福島の放射能問題で、風評被害を拡大させたのも彼です。
地球温暖化理論で、断末魔となったのは武田邦彦と言えるでしょうね。
2019年09月29日 18:16
 アルクノさん コメントを頂きましてありがとうござすます。

今回のブログに付きましては、地球温暖化という大変大きな問題がその後ろに控えていると思われる事ですので、出来るだけ多くの皆様からの御意見を頂きたいと思っております。

今後も、地球温暖化の問題や、その原因に関する記事を掲載して行きたいと思っておりますので宜しくお願いいたします。
2019年09月30日 08:40
こんにちは。

へぇそうなんですか。
あまりよく知らなかたので勉強になりました。
2019年09月30日 12:17
 トトパパさん コメントを頂きましてありがとうございます

少女を使って国際問題に仕立て上げるという事例を2件載せましたが、その他にも、女性の教育を受ける権利を訴え、イスラム武装勢力「パキスタンのタリバン運動(Tehreek-e-Taliban Pakistan、TTP)」の戦闘員に頭を撃たれて、一時昏睡状態に陥ったとされたパキスタンの人権活動家のマララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)さんが、その回復後に、ノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を2014年に受賞しましたが、本当にイスラム武装勢力の銃撃で受傷したのが事実なのか? そして、頭を撃たれたのが事実であったとしたら、頭部の銃創で昏睡状態まで行った者が、演説可能になる程の回復をするのかという事にも疑惑を感じてしまう方も少なくはない訳です。

この少女の件にも、その裏にはイラク戦争と同様のイスラム勢力に対する欧米による工作という疑惑が存在するのです。
2019年09月30日 15:36
家族や家系や病気のことは全く知らなかったのですが、この少女の行動には非常に違和感を感じていました。
温暖化の原因は様々な要因(地球の軌道の変化、歳差運動、地軸の傾きの変化、太陽活動の周期など)の組み合わせで起こるものとされ、CO2はそのごく一部の要因とする考え方もあります。
CO2だけが不自然にクローズアップされている気がします。少女はその一部の話だけに偏って物事を考え、この行動が正義だと主張しているようです。
2019年10月01日 09:22
 わけいさん コメントを頂きましてありがとうこざいます

近年に於ける日本の異常とも感じられる気候気象に関しましては、その原因が地球温暖化であるとの解釈やその様な報道も多いのですが、いきなり35度以上と気温から次の日は10度以上も下がるという現象の原因が、一重に地球温暖化であるとしたら、その説明はちょっと無理があるのでは?と思うが当然の事であると思います。

南極の氷が解ければ、地球の海水面が上昇するという学説も、小学生程度の理科のコップの氷の実験結果で証明される様に、何故にその様な学説がまかり通ってしまったり、それを疑う事もなく盲信する方達が少なくない事に懸念を感じてならないのです。

原発事故後の汚染水の処理や諫早湾の埋め立て問題にしても、政府の御用学者らによる政府行政側に都合の良い解釈説明や、政府の判断に対しての批判をしたら放送法等を盾にした圧力を掛けての放送マスコミへの報道潰しが常識化している事だけは明白です。