テーマ:日記

ブログ仲間

 前回の記事でも申し上げましたが、私がブログを書けなくなった理由を自分なりに考えてみると、幾つかの思い当たるふしが見つかりました。 何だ、そんな事に気付かなかったのかと自分でも思ったのですが、その一番の原因はブレッシャーが掛かっていたという事でした。 ご存知の方もいるかと思いますが、私は、ウェブリブログ以外にも幾つかのブログ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

お疲れモード

今月はお疲れモードの中でも、特に精神的な部分のそれが目立ち、ブログの方も途中まで書いては保存という事を繰り返しておりました。 それらの中途のままになっている記事を、何とかまとめ上げてと奮闘したのですが、とうとう5月も最終日になってしまいましたので、現状報告と申しますか、そのままの報告となります。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今年の桜

昨年は健康上の問題から外に出られず、職場のスタッフが撮って来てくれたビデオを見てお花見気分を味わいましたが、今回はスタッフの車に乗せてもらって近所の桜と少し離れた公園、そして別な日の夜にはライトアップされた諏訪神社の夜桜見物をする事が出来ました。 諏訪神社の夜桜見物は、階段があるので私はそこまでは行かず、車内からの撮影をし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

本音と建前の関係。

・  人は、人との付き合いの中で、その人との仲や人との関係を良好にしようとして、時に妥協や相手に従うかの様な対応を見せる事を見掛ける事が多々あります。。 社会一般的な人間関係や、特定の相手との関係に於いてもその様な事例は少ないとは言えず、現在の日本社会では、その様な事は社会的な常識や一つの慣例として常識化している様にも感じら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ブログなんだから

 ブログなんだから 何だろ、その「なんだから」というのはと思われましたか? ・・・なんだからという言い方の後には、だからしてはいけない、だからこうしろよという暗黙の制限が含まれている? 例えば、子供なんだからの場合は? 逆に大人なんだからの場合は? 女なんだから、男なんだからの場合は? 何々なのだ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

二度迎えた父の死

・  今回のタイトルに、何だろうって思われた方も多いのではないかと思います。 私の実父は、私が20代の時に、60の坂を越せずになくなっております。 今回の二度迎えたというのは、その実の父親と同様か、それ以上に私の事を心配してくれ、事ある毎に救いの手を差し伸べてくれていた恩人を亡くしたのです。 実は、今日はダブルパンチ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

実家に大問題が発生

  泣きっ面に蜂 私の人生、いつもの事と云ってしまえばそれまでなのですが、一難が去ってとは行かない内に、またまた大問題が発生してしまったのです。 せっかくのブログなのですから、良い事うれしい事を書けると良いのですが、そうは簡単に問屋が卸してくれる筈がないと云う事ですね。 でも、私失敗・・・・ ではなくて、私、失敗す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆様への感謝とお願い

 皆さん今日は。本日も当ブログを訪問頂きましてありがとうございます。 当方は、皆様の中にはご存知の方も多いと思いますが、8年前の低温火傷と菌感染が元で足の指一本を無くしたのですが、それ以降、地元の病院だけではなく、知人の勤める関西の大学病院にも治験として最新医療の実験台にもなったのですが、完治する事無く最近までいたのです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今年初め

 今年初めてのプログになります。 昨年の最終ブログは10月に、それも一回だけ。 実は、その間の未掲載のままになっている記事が沢山溜まっている状態なのです。 その様な中で、ブログ更新の無い事を心配してメッセージを頂いたブログ仲間の方に、心より感謝の気持を贈らせて頂きます。 実社会と実生活に於ける私の対人関係というも…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

過去ブログより

 過去ブログより 人の心の壁は厚くて強固である。そこで、ある者は、その壁を破るには、強力な装置が必要であると考えた。そして、装置の開発は進み、幾つかの試作品が完成した。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 続きは下記をクリックしてご覧ください 2011/11/06日の当ブログ記事  http:…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

目の手術

 東京の大学病院で数度目になる眼の手術を受けてきました。。 今のところは順調の様ですが、この先どうなって行くかに付いては楽観できるものではありません。 またいつ駄目になるか分からないので、今の内に出来る事をして置かなければなりません。 京都の大学病院では、右目の手術が2度失敗しているので、今回手術した左目が頼りで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ミルクの事

ミルクが逝って10日が過ぎました。 ミルクの続編は、ミルクとの最期の数日間の御話が主体なのですが、 ミルクが私に残してくれたもの、そして伝えたかった事というのは、本当に大きな意味がある様に思えるのです。 このミルクと一緒に過ごす事の出来た19年という時間を振り返ってみて思った事は、私が今しなければならない事。それはこ…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

ミルクという名前の猫 前篇

   ミルクという名前の雄猫。 ミルクが実家にやって来たのは、今から19年前の5月の事でした。 まだ生後間もなく、乳飲み子だった事から、ミルクと命名。 そして、6月9日の午後8時14分に永遠の眠りに就きました。 実は、ミルクは、今年の4月にも一時危篤状態にまで陥ったのですが、その後、家人の懸命の介護…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

メリークリスマス 超特大ジャンボシュークリーム

 メリークリスマス 今回は、お約束の超特大ジャンボシュークリームの御紹介です。 YOU TUBEの動画もご覧ください。  その大きさというより、巨大さがおわかりいただけると思います。 http://www.youtube.com/watch?hl=ja&gl=JP&v=c-2vb2aZcFo …
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ジャンボなシュークリーム

ジャンボ・シュークリームです。 普通のお店で売られているシュークリームと比べると、3倍から5倍位の大きさです。 大きいだけでなく、美味しさも絶品。 もっと、ジャンボなシュークリームです。 それぞれを並べての比較です。 普通のジャンボサイズ? のシュークリームでも、一人で食べ切るのは結構…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

一番大切なものとは?

 今日はのっけから突然の質問です。 あなたにとって、一番大切なものは何ですか? と聞かれたら、あなたは何だと答えますか? 今回の質問は、普通の質問の様な、何と答えますかではなく、「何・・です」と答えられるかというところがポイントです。 全く何の迷いもせずに、○○が一番大切だと答えた方。 その方とは、是非直接お話をして…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

窓から外を見ると ?

窓から外を見ると。     うん、何かあります。    近づいてみると。 フラッシュ撮影すると、おっ、桃だ、桃の実が付いています。このまま大きくなるのでしょうか? 裏にはいちじくの木が、少し離れたところにある実家の庭にはみかんの木があって、毎年沢山の実を付けていたのですが、去年は…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

御訪問とコメントありがとうございます

 みなさん、いつも御訪問とコメント頂き ありがとうございます。 私も、即答でコメントの御返事が出来れば良いなと思うのですが、脳の思考回路が余りにも脆弱なものですから、中々そうはいかないのが実情です。 最初に、返事する事の原案は直ぐ浮かぶのですが、その解像度が低いというか、文章としては全く不完全なのです。 文字数の制…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幸せ不感症-第二話

 幸せ不感症の第二話です。 前回は、私が、その幸せ不感症だと申しましたが、今日は幸せ不感症に付いての続き のお話をしたいと思います。 幸せって何だろう? 前回は、あなたに取っての幸せって何?  どんな事が幸せか聞きました。 答えは、人其々、その幸せに付いての色々な考え方捉え方があると思います。 何が幸せなんて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

私の役割?

  私の役割? 以前の私は、時折その様な事を真剣に考える事がありました。 と言っても、そんな事を考えるのはいつも決まって私自身が身体的精神的に窮地に追い込まれた時でした。 まあ、そういうのは私だけに限った事ではなく、人間は誰しもそういった厳しく辛い状態に陥った時には色々な事を考えるのではないかと思います。 大体そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤマアラシのジレンマ?

19世紀ドイツの思想家であった、ショーペンハウエルの、寓話に基づく 「ヤマアラシ・ジレンマ」というのを御存じでしょうか? とても寒い冬のある日、二匹のヤマアラシが温もりをとろうと近寄ろうとすると、その針が痛くてたまりません。しかし、針が触れない様に互離れれば、今度は寒くてたまらないというジレンマに陥ってしまうというものです。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

言いたい事、言わなければならない事、そして聞いて欲しい事

 言いたい事、言わなければならない事、そして聞いて欲しい事。 日本国民は、余りにも平和ボケしていて、わが身、如いては現在の日本の状況がどれだけ逼迫しているのかかが全く理解されていない様に思えます。 馬耳東風、烏合の衆と呼ばれる様な、日本の国民は一体いつの間にその様な体たらく状態に陥ってしまったのでしょうか? 私は、人の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

とても残念な事

 とても残念な事がありました。それは、あるブログが消えてしまった事です。そのブログとの出会いは、このブログを始めるきっかけともなった、私に取ってとても大切なブログでした。 ネットには星の数程のブログが存在しますが、その一つ一つのブログには、そのブログを書かれている方の日常の生活の様子や趣味に付いて書かれているものから、国内外の出来…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

簡単な様でちょっと難しい話?

   久し振りのブログ更新です。ブログの更新をしなかったのは、月末で忙しかったという訳でもないのですが、このところ、色々考える事がありまして、頭の中でそのディティールが見えているのですが、それを言葉や文章にしようとすると、それが中々進まないという状態が続いていました。 私は、元々の性格がそうであると思うのですが、シンプルと申しま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幸せ 不感症?

    今日の御題は 幸せ 不感症   幸せ不感症って 何だろう って? 実は、私がその不感症だったのです。  幸せ不感症の症状内容?に付いては、また後で説明する事にしますが、その前に御覧になっている、あなたに幾つかの質問をしたいと思います。 突然ですが、あなたに取っての幸せってなんですかと聞かれたら、あな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魔人と魔神は全く別な存在

 また今回も大層なタイトルですが、私は、前のブログで兄の事を魔人と称しましたが、その魔人を検索してみると、  魔人(まじん)とは、神話や物語に登場する魔力など通常の人間を超越した力を持った者。転じて、人間離れした能力を持った人のことを表現する際にも用いられる。 神、もしくは神の存在に近い魔神に対し、魔人は姿や性格が人間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快適な温度 適温範囲に付いて

今回は、快適な温度 適温に付いてのお話です。 例えば、ぬるめの御風呂に入ったとします。 その時に、追い炊きすると、どんどん温度が上がって行き、やがて適温に達します。 御風呂の湯温(湯加減)には、人其々の適温があって、ぬるめ、熱めの違いはありますが、誰でも何とか入っていられる温度の範囲は、40度付近にありますが、その許容温度…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

私の兄LU

 私には、兄がいます。 年が近い事もあって、普通の兄弟関係というよりは双子の関係に近いと思います。 顔もそっくりなので、同じ服を着たら周囲の人も判別できない時がある位です。 ですから以前は、私が行った覚えのない所にいただろうとか。 昨日・・・で見かけたよとか良く言われたりしていました。 言われていました。というのは過去形なの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

精神的枯渇

精神的枯渇って何だろうって? まっ、物事を難しく考え過ぎると、色々な事を考えているうちにラビリンスに迷い込んでしまい、いざ元の出発点に戻ろうとしても、その出発点に戻れるだけの回帰エネルギーすら残っていない状態であると。 それを言うなら、枯渇とかいう様な大袈裟なものはでなくて、車で言うところの単なる燃料切れとか、脳の思考回路を働かせ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やわらか電車

 YOU TUBEに やわらか電車というのが出ていました。 見たところは、やわらか戦車をそのまま電車にした様な感じですが、実際に線路上を走れる様になるまでには、大変な苦労があったたろうと思われます。 やわらか電車も、やわらか戦車同様に、バックで後退していきますが、次の画像は前進しています。小さなボディーですが、結構な速さで走って行…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more