テーマ:戯言

私は昔人、それとも?

時々、私は昔人なのかなと思う事があるのですが。 その昔人というのは、現在のお年寄りや高齢の方を指しての事ではなく、それよりももっと前の時代のと申しますか、歴史の教科書に出ている様な時代の日本人の事かと。 そんな話を友人にしましたら、お前の場合は歴史の教科書ではなく、地学の教科書に載っている範疇ではないのかと。 えっ、…
トラックバック:0
コメント:26

続きを読むread more

自分の真の味方とは?

 今回は、タイトルの「自分の真の味方?」 に付いての事を取り上げてみました。 突然ですが、あなたには味方と呼べる人が何人いますか? と聞かれたら、その時あなたはどの様に答えるでしょうでしようか? 聞かれたのが私だったら、私は、味方ね~っ。 そうですね、あいつとあいつは間違いなく味方だと思うし、多分あいつも味方の筈とか、時と場…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

本音と建前の関係。

・  人は、人との付き合いの中で、その人との仲や人との関係を良好にしようとして、時に妥協や相手に従うかの様な対応を見せる事を見掛ける事が多々あります。。 社会一般的な人間関係や、特定の相手との関係に於いてもその様な事例は少ないとは言えず、現在の日本社会では、その様な事は社会的な常識や一つの慣例として常識化している様にも感じら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ファイナル・ステージ

 今回、10ヵ月にも及んだ闘病生活も安定期に入り、今月からの職場復帰となりました。 職場復帰が出来たとは申しましても、今回は当初の状況がかなり厳しいものであり、とても職場復帰を目指すどころの話しではありませんでした。 今回は、足の目には見えない傷口からの感染に加え、その治療期間中には、何と骨折というアクシデントが加わってしま…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

天国と地獄

「天国と地獄を見て来たという男の話」というショート・ストーリーを読んだ事があって、その話の内容というのは、結論としては、天国も地獄も基本的には何も変わるところは無く、ただ一つの違いというのは、そこに居る者達同士の相互関係にあったという事。 地獄では食べ物の取り合いをし、天国では食べ物を分け合っていたという極めて単純な違いであるけれ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

過去を振り返って

 過去を振り返って と言っても、数年前の自分のブログ記事です。 現在、身体的に絶不調と言うか、はっきり言って、もう少しで危ない領域に入りそうな状態ですので、今の内に出来る事と思いました。 この記事も、特に何という事はないのですが、下記をクリックしてご覧いただければ幸いです。 http://lucifer-…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

過去ブログより

 過去ブログより 人の心の壁は厚くて強固である。そこで、ある者は、その壁を破るには、強力な装置が必要であると考えた。そして、装置の開発は進み、幾つかの試作品が完成した。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 続きは下記をクリックしてご覧ください 2011/11/06日の当ブログ記事  http:…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

 誤解される人間と、理解されない人間

  誤解される人間と、理解されない人間。 私は、自分自身の事を極めて単純で真っ直ぐな性格だと思っています。 この真っ直ぐというのは、人によっての取り方、捉えられ方の違いが大きい様で、その真っ直ぐを良い方に解釈してくれる人と、その全く逆の人も存在します。 それが余りにも極端なので、何故、人にょっては、その様に評価が異なる…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

本音で話せる相手

 あなたは、本音を言えますか? と聞かれて。 私は、一瞬考えてしまいました。 本音でね~っ。 そして、本音でという事自体に付いて考えてみました。 自分の考えている事、相手に対して思っている事。 でも、その考えというのは、一つだけという事ではないし、そして、いつも同じという訳でもないし。 本音って、…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

出会いと別れ

人間生きていれば、その中で必ずあるのが出会いと別れ。 例え、それがどんなに大切な相手であったとしても、それがどんなに長期に渡っていたとしても、永久にという事はなく、やがては別れの時がやってくる。      いつかは来るであろう、その日、その時が出来るだけ先に、出来る事ならば永遠に来ない事を願って生きて     いるのか…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

あなたなら、こんな時はどうしますか??

もし、あなたが山道で迷い、そこから下山できない状態になったとしたら?? そして、運良く見つけた山小屋に辿り着いたあなたは、その山小屋が最近使われた様子がない事に少しがっかりしながらも、これで当分の間は大丈夫と思った途端、お腹が空いて来たのを感じたので、何か食料が入っていないかと背負っていたリックを下ろして何かないか中を探して…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

崖っ淵 

 崖っ淵 常に崖っ淵に頑張って張り付いている状態なのですが、そこから転げ落ちそうになる事も、これまで幾度となく体験してきました。 それでも何とか復活する度に、充電式の乾電池の様な人生だったら良いのになと思う事もありましたが、幾ら充電式の乾電池ではあっても、その寿命が尽きる時は必ず来るのが定めです。 寿命が一回限りの普通の乾電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復活なるか???

 復活なるか????  今日も生還への戦いが続いています。 クラリネット曲 白い十字架 下記YOU TUBE リンクをクリックしてお聴きください。   白い十字架 https://www.youtube.com/watch?v=6FziuggL678
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

復活なるか カーテンコール???

 3月6日 もう、幾度目のカーテンコールだろうか???? 今、現在の体温は、少し下がって39度。 また今回も、危険領域からは無事?? 生還出来るか??は まだ微妙なところ。 取敢えず、今出来る事は全て行ったので、後は、これからの経過を待つだけ。 体の痛み、苦痛、それは何回も繰り返す内に、少しだけ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

友とは

LUCIFER 日記より 転載   友とは何かについて書こう思いたった。それでは、友という 漢字の意味について調べようとしたら、ローマ字入力変換では 気付かないであろうが、ひらがなで「とも」と入力するとSM と表示された。 何を馬鹿な事をと思われるだろうが、友とはSとMの関係。 何故か一人で納得してしまった。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一番大切なものとは?

 今日はのっけから突然の質問です。 あなたにとって、一番大切なものは何ですか? と聞かれたら、あなたは何だと答えますか? 今回の質問は、普通の質問の様な、何と答えますかではなく、「何・・です」と答えられるかというところがポイントです。 全く何の迷いもせずに、○○が一番大切だと答えた方。 その方とは、是非直接お話をして…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

鹿をさして馬と為す

鹿をさして馬と為す     さしも栄華をきわめた秦の始皇帝も、寿命には勝てなかった。彼は不 老不死の霊薬をもとめてあせりながら、ついに死んだ。遺言では、太子 の扶蘇を位につけよということだったが、丞相の李斯や、側近の趙高な どは、その言葉をいつわり、幼い胡亥を立てて皇帝にした。なぜなら、 扶蘇が賢いのにく…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幸せ不感症-第二話

 幸せ不感症の第二話です。 前回は、私が、その幸せ不感症だと申しましたが、今日は幸せ不感症に付いての続き のお話をしたいと思います。 幸せって何だろう? 前回は、あなたに取っての幸せって何?  どんな事が幸せか聞きました。 答えは、人其々、その幸せに付いての色々な考え方捉え方があると思います。 何が幸せなんて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

私の役割?

  私の役割? 以前の私は、時折その様な事を真剣に考える事がありました。 と言っても、そんな事を考えるのはいつも決まって私自身が身体的精神的に窮地に追い込まれた時でした。 まあ、そういうのは私だけに限った事ではなく、人間は誰しもそういった厳しく辛い状態に陥った時には色々な事を考えるのではないかと思います。 大体そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヤマアラシのジレンマ?

19世紀ドイツの思想家であった、ショーペンハウエルの、寓話に基づく 「ヤマアラシ・ジレンマ」というのを御存じでしょうか? とても寒い冬のある日、二匹のヤマアラシが温もりをとろうと近寄ろうとすると、その針が痛くてたまりません。しかし、針が触れない様に互離れれば、今度は寒くてたまらないというジレンマに陥ってしまうというものです。 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

とても残念な事

 とても残念な事がありました。それは、あるブログが消えてしまった事です。そのブログとの出会いは、このブログを始めるきっかけともなった、私に取ってとても大切なブログでした。 ネットには星の数程のブログが存在しますが、その一つ一つのブログには、そのブログを書かれている方の日常の生活の様子や趣味に付いて書かれているものから、国内外の出来…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

簡単な様でちょっと難しい話?

   久し振りのブログ更新です。ブログの更新をしなかったのは、月末で忙しかったという訳でもないのですが、このところ、色々考える事がありまして、頭の中でそのディティールが見えているのですが、それを言葉や文章にしようとすると、それが中々進まないという状態が続いていました。 私は、元々の性格がそうであると思うのですが、シンプルと申しま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幸せ 不感症?

    今日の御題は 幸せ 不感症   幸せ不感症って 何だろう って? 実は、私がその不感症だったのです。  幸せ不感症の症状内容?に付いては、また後で説明する事にしますが、その前に御覧になっている、あなたに幾つかの質問をしたいと思います。 突然ですが、あなたに取っての幸せってなんですかと聞かれたら、あな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

魔人と魔神は全く別な存在

 また今回も大層なタイトルですが、私は、前のブログで兄の事を魔人と称しましたが、その魔人を検索してみると、  魔人(まじん)とは、神話や物語に登場する魔力など通常の人間を超越した力を持った者。転じて、人間離れした能力を持った人のことを表現する際にも用いられる。 神、もしくは神の存在に近い魔神に対し、魔人は姿や性格が人間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

快適な温度 適温範囲に付いて

今回は、快適な温度 適温に付いてのお話です。 例えば、ぬるめの御風呂に入ったとします。 その時に、追い炊きすると、どんどん温度が上がって行き、やがて適温に達します。 御風呂の湯温(湯加減)には、人其々の適温があって、ぬるめ、熱めの違いはありますが、誰でも何とか入っていられる温度の範囲は、40度付近にありますが、その許容温度…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

私の兄LU

 私には、兄がいます。 年が近い事もあって、普通の兄弟関係というよりは双子の関係に近いと思います。 顔もそっくりなので、同じ服を着たら周囲の人も判別できない時がある位です。 ですから以前は、私が行った覚えのない所にいただろうとか。 昨日・・・で見かけたよとか良く言われたりしていました。 言われていました。というのは過去形なの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

精神的枯渇

精神的枯渇って何だろうって? まっ、物事を難しく考え過ぎると、色々な事を考えているうちにラビリンスに迷い込んでしまい、いざ元の出発点に戻ろうとしても、その出発点に戻れるだけの回帰エネルギーすら残っていない状態であると。 それを言うなら、枯渇とかいう様な大袈裟なものはでなくて、車で言うところの単なる燃料切れとか、脳の思考回路を働かせ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ちょっと思った事

 普段、普通に向かい合って話をしていると、相手の返答はほぼダイレクトに返されてくるので、相手はこちらの話を100%理解しているものと思い込んでしまったり、或いは相手の返答のそれを鵜呑みにしてしまう事が多い様に思われます。 電話の様に、相手が直接見えない場合の会話は、会話のニュアンス以外には、相手の表情等のリアクションを観察する事が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日の仕事はオフでも

 今日、普段の仕事はオフですが、糧を得る為の自分の為の仕事ではない、本当の意味での自分の仕事をどの様にして進めて行けば良いか色々考えていました。 そちらの仕事を進めるにしても、まずは低迷している本業の基盤を確実なものにしておかなければならないという事で、二つの事を合わせて行う事にしました。 その二つの仕事の方向は全く違ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心配している事と、気になる事

  最近、心配している事と、気になる事があります。心配している事というのは、理屈っぽく言うと、心配事そのものを指すものとの事。 気になるというのは、黙っていても気に掛る対象があるという事で、少なからずも、そこには気になる物事や相手が存在するという事。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more